自動車保険カーキー
ホーム > 葉酸 > 冷え性は不妊を招く?

冷え性は不妊を招く?

冷え性は不妊を招くと言われています。

体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養不良に代謝不良が重なって、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が落ちるといった報告があります。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、体全体をリラックスさせる効果があります。

冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。妊活中の女性に対して、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、普段通りの生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくることもありますよね。このような場合、使ってみると良いのがサプリです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も大丈夫なんですよね。

↓参考サイト
オーガニックレーベルの葉酸の口コミをご紹介します!